FXを始めて1年経過

FXを始めて1年になりますが、なかなか勝つことができません。

 

なかなか自分の中でプラス確定と言える、トレード方法を見つけきれていないからです。

 

たかが、1年足らずで勝ち組の法則を見つけられたら、私はFX及び投資の才能に満ちあふれていたということなんでしょうが、そうではなかったことがこの1年で証明されてしまいました。さすがに全戦全勝は無理だとわかっていても、そこを目指し続けることがFXの醍醐味だと思います。たまに勝ちが続くと、この勝ち運にのっていければ大儲けだ!と意気込むのですが、実際はそううまくはいきません。
知らず知らずのうちに判断が大味になってしまい、気付いたら良くてトントンという何ともしょっぱい結果になってしまうのです。こういった相場はまるで意志をもった生き物のようで、私はそれに翻弄されながらもFX攻略に向けて猛勉強中なのです。

FXの専業を目指して精進しています

私は、将来的にはFXの専業トレーダーになるという夢があります。そんな事を友人に話すと、ほとんどの人は「楽して金儲けなんて出来ない」といいます。

 

FXを知らない人は、楽と感じるのかもしれませんが、私はFXの専業ほど大変な仕事はないと思っています。
実は、以前専業もどきの事を半年ほどやった事があるのですが、精神的な苦痛は半端ないものでした。

 

長年勤めた会社を辞め次の仕事が決まるまで、お試しでやってみて出来そうならそのまま専業になろうと思ったのです。
本職の傍らでトレードする時と違い、時間がありすぎてついつい無駄なトレードをしてしまったりと、時間があれば勝てるというものではないと身をもって知りました。

 

それと同時に、精神的に本当に大変だと思ったのです。
FXは大きく勝てる可能性も秘めていますが、その逆も当然あります。
自分の判断で全てが決まるのです。

 

それでも、私はいつかは専業になれればと、コツコツとトレードをして経験値を積んでいます。

FXを始めて1年経過/FX初心者へのアドバイス集関連ページ

余裕を持ったポジション数
FXで大勝した後は要注意
スランプに陥った時の対策
複数口座を利用